CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
上越「大島画廊」での個展開催12月2日まで
12月21日〜23日
大島画廊での個展開催に合わせ上越高田へ。

「大島画廊」、「眞泉」での展示。
前日に展示。翌22日からの開場に合わせ、多くの方がお出で下さり
うれしく思っております!
今回はテーマとして扱っている「めにうつるものもの」の作品に加え
もっとも穏やかで清々しい9月に 上越の様々なところでおこなった
スケッチを基にした作品を数多く展示しました。

歴史博物館併設カフェ「御母家」での展示。

初日の夜には
〈ぶり起こし〉とよばれる気象現象もおこり感動!
夜間に雷が鳴りバラバラと音を立てて大粒のあられが降ったのです。
この現象がおこると、ブリが目覚め、
その年のブリはおいしい、といいつたえられているそう。
冬の到来を目前にした12月2日までの展覧会、
是非沢山の方に楽しんでいただければうれしく思います!

今回は私がデザインしたガラスのアクセサリー(ハリオ)も販売。
水や木洩れ日をテーマにしたアーティスティックなアクセサリーです。
こちらもぜひご覧ください!

| - | 10:55 | - | - |
NHK‐FM「トーキングウィズ松尾堂」12月9日放送分収録
11月20日
NHK-FM「トーキングウィズ松尾堂」12月9日放送分の
収録がありました。

松尾貴史さん、加藤紀子さんにこの番組でお会いするのはなんと7年ぶり!
時間がゆっくり流れるようになっていることを痛感。
なのにお二人とも何らぶれることなく素敵な佇まい!
穏やかに優しくお迎えくださり心地よい時間を過ごしました。
ご一緒したのはエッセイストの光野桃さん!
光野さんはヴァンテーヌののエッセイをずーっと読んでおり、
お会いできてうれしい!
近年の著書「森へ行く日」も大好き。
松尾さんの「折り顔」、光野さんのワークショップの話、
加藤さんのフランスでのエピソード、
私の風景を描く楽しさなど近況の話のほか、色彩の話、好きな音楽、
そして
「大人の装い」をテーマに、最近始めた着付けの話など
話が弾みました。
12月9日(日)12時15分〜13時55分の
NHK-FMでの放送、ぜひ皆様にお聞きいただければうれしく存じます!
| - | 10:23 | - | - |
学研城戸真亜子のアートスクール写生会!
10月20日
今日は学研アートスクールの写生大会!
大阪市立自然史博物館で屋外展示されている
巨大なクジラの骨格を描きました。
子ども達の作品は個性豊か!

三人並んで描いても、それぞれに全く違った感じ方をし、
豊かな色彩感覚で自由な作品作りをします。

子ども達のストーリーはとてもユニーク。

体長19メートルのこのナガスクジラは大阪湾に
彷徨い込んできたものなのだそう…
ゆったりと泳ぐその姿にはさびしさまで描かれているようです。

少し寒い風が吹く日でしたが子ども達は元気いっぱいに
素晴らしい作品を描いてくれました!
ご多忙の中付き添ってくださった保護者の皆様、
準備からずっと奔走してくださった
学研のスタッフの皆様、アートスクールの先生方、
お疲れのところ駆けつけてくださった神田様、
皆様のお力添えのおかげで楽しい一日となりました。
心から御礼申し上げます!
| - | 22:43 | - | - |
セントレア 「空の絵コンテスト」審査会
10月18日
セントレア中部国際空港で
「空の絵コンテスト」の最終審査会が行われました。

初めての募集であったにもかかわらず
沢山の子ども達からのご応募がありうれしい悲鳴!
どの作品からも子供たちの宇宙や空、飛行機に対する夢や
楽しかった旅行への思い出があふれており
楽しく拝見しました!

審査にあたったセントレアの近藤様、デザイナーの北條先生、
中部国際空港利用促進協議会
名古屋商工会議所の田中様、中部経済連合会の上之郷様
名古屋市の近藤様、三重県の若林様、愛知県の上原様、岐阜県の塚本様(順不同)と
子ども達の力作に感心しながらも
頭を悩ませ審査させていただきました。
11月24日(土)にはセントレア4階イベントステージにて表彰式が行われます!
作者の皆さんにお会いできることを楽しみにいたしております!
| - | 11:12 | - | - |
セントレア中部国際空港「フライトオブドリームス」開業!
10月11日
中部国際空港セントレアで12日
待望のフライトオブドリームスがオープン!

今日はプレオープンのセレモニーがありました。
館内にはドーンとボーイング787初号機が展示され
1時間に2回、チームラボのプロジェクションマッピングが!
まるで美しい異空間を
ボーイング機と一緒に飛行士ているよう!
体験型コンテンツエリアでは
紙飛行機を作って飛ばすことで
光が変わり、音が奏でられる
「奏でる!紙ヒコーキ場」や

こんなふうに自分で描いたオリジナル飛行機を
タブレットで操縦し
ファンタジーの空をゲーム感覚で飛行させるエリアや

本物と同じコックピットに乗り込み飛行シミュレーションもできます!
ドキドキハラハラ私も大興奮!

ボーイング機を真近かに眺めながら楽しめる
カフェレストランエリア「シアトルテラス」は
シアトルを本拠地とするカジュアルでオシャレでおいしいお店が
ズラリと並んだテーマパーク。
クラムチャウダーやステーキ、シアトルサーモンバーガーetc.、
スウィーツもフワフワワッフルにミルクジェラート&ベリー!!の
たっぷりトッピングされたストロベリードリームを試食。
美味しくて沢山食べすぎてしまいます!
あのオバマ大統領も愛用している「フランズチョコレート」も出店。
フランス産の塩とキャラメルを使ったダークチョコレートを
早速お土産に買いました。
こんなに遊んだのは久しぶり。楽しい一日でした!
フライトパークでは他にもいろいろな体験ができますし、
シアトルテラスにもお寿司やラーメンふーディーボウルなど
美味しいお店がいっぱい。大人も子供も楽しめます!

| - | 10:36 | - | - |
日本橋「水戯庵」でお能を楽しむ!
9月27日
日本橋室町、福徳神社の地下ににある「水戯庵」は
新感覚の劇場型レストラン&ラウンジ。

入り口はひっそりと。
エントランスには能楽の演目に沿った画題の木版画が並び
これだけでも見ごたえがある。
空間のインテリアも素敵!

現存する最古の江戸前寿司「すし栄」のお寿司が
ヴィンテージの器で供されます。
お茶は「福寿園」甘味は「亀末廣」など、選りすぐりの日本の美味が。
もちろんお酒もいろいろ揃っているようです。

この日は人間国宝の大倉源次郎さんが見事な鼓をご披露くださいました。
(なんと一緒に写ってくださいました!)
狩野派の絵師が描いた老松の鏡板の前で奏でられる
鼓の音色は想像以上に豊かで、スッと幽玄な世界に
ひきこまれてしまいました。
また、観世流シテ方山科弥右衛門さんの舞いも
美しくてウットリ。
公演時間は短いのですが、普段は絶対に聞けないような
演者の皆様のユーモアあふれるお話も伺えて
伝統芸能が身近なものにに感じられるひとときでした!
大倉流小鼓方の源次郎さんのお父様長十郎さんに
鼓を習っていらした田辺さんにお誘いいただき、
佐藤さんと一緒に楽しんでまいりました。
この次は夏の薪能も行ってみたい!



| - | 09:31 | - | - |
上越でスケッチ・11月月の大島画廊での個展に向けて
9月13日〜
上越「大島画廊」での個展に向けて
夏から秋へと季節の移ろう上越の景色をスケッチに。

妙高は霧に見え隠れする幻想的な様相。

そこにある色と気配を素早く
キャンバスに載せていく・・・(作品は製作途中)
芭蕉庵の方はいつも優しく声をかけてくださって
心が温まります。
この日は「そば打ちの教室」が行われていて
前回伺った時の御礼も申し上げそびれてしまい心残り・・・
失礼しました!

上越妙高駅の前の窯蓋遺跡公園には
悠久の風が吹いていました。

9月は実りの季節のはじまり。(作品は製作途中)

光が丘は一面そばの白い花に覆われていました。(作品は製作途中)

帰りの道すがら棚田も豊かに実っています。(作品は製作途中)

広々とした大地も金色に染まり、
立ち並ぶ〈はさ木〉は
稲架をかけられるのを心待ちにしているよう。

この時期は高田のお堀で
名残の蓮華も見られ趣き深い日々を過ごすことができました。


展覧会は上越高田の「大島画廊」にて
11月22日〜12月2日に開催されます。
| - | 09:55 | - | - |
「大地の芸術祭」清津峡のマ・ヤンソン「ライトケープ」を観に!
9月3日
新潟の十日町と、津南町で開催されている、
「大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ」の
話題作を観に清津峡へ!

棚田を抜け、山深い道を延々走っていくと
突然の渋滞。
そう、沢山の人が
マ・ヤンソン率いる
建築家集団MADアーキテクツの作品を観に
集まってきているのだ。
しばし待ち、ようやく駐車場に車を停め

そこから徒歩で15分ほど、
細く暗い坑道をひたすら歩くと・・・

息をのむ美しい光景!
床に水盤、壁面にはステンレス板を張ったことで
その絶景はより強烈に心に迫るものとなっている。
そこを訪れた人々もすんなりと作品の一部に。
素晴らしい!!!
| - | 23:52 | - | - |
<< | 3/44PAGES | >>