CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
長谷工こども絵画コンテスト表彰式
春分の日に
長谷工子ども絵画コンテストの表彰式の様子と表彰作品が
読売新聞、読売KODOMO新聞に掲載されました!


子供たちにお話を聞くと
未来の住まいに対するコンセプトもしっかりしていて
感心しきりでした!
これからも素敵な絵をいっぱい描いてくださいね!
| - | 19:27 | - | - |
「NIKKO Design & Photo Competition 2018」の審査結果・受賞作品
「NIKKO Design & Photo Competition 2018」の審査結果・受賞作品が
日本興業(株)のHPにアップされています!
是非ご覧いただければと思います!
時が止まるように美しい作品も。
そしてまた来年もご応募いただければと思います。
受賞作品一覧PDFは下記からご覧いただけます!
http://www.nihon-kogyo.co.jp/2018photocon_img/contest/designcom2018.pdf
| - | 18:51 | - | - |
熱海・伊豆山へ!
3月初旬
制作が一段落したので
熱海伊豆山のハーヴェストへ!


海の美しさに心が洗われます。

宮本頼朝と北條政子ゆかりの伊豆山神社にお参り。
桜もほころびはじめており和やかな時が流れる。

お部屋にはプライベートなプールや露天風呂が付いていて夏にも来たくなる!
ちょっと南フランスな気分。
ディナーは湯河原の「春陽亭」
アットホームな空間と静かなご主人、おいしいお食事。
次に来た時もぜひ訪ねたいと感じました。

お風呂から眺める朝焼け。

| - | 18:40 | - | - |
「ラジオビバリー昼ズそんなこんなで30年」
3月16日(土)
よみうりホールで開催された
ニッポン放送高田文夫の
「ラジオビバリー昼ズそんなこんなで30年」のイベントへ!

もう30年もたつのですね〜。
高田先生も絶好調の名調子。
「70歳にして人生のピーク!」とのお言葉通り
一度心臓が止まった人とはとても思えないお元気なご様子。
近藤さんや増田さんなど
懐かしいスタッフの皆さんにもお会いでき、
お尋ねした楽屋も満席の客席のお客さんも
お隣の席の大東めぐみさんも
みんなファミリーな感じでほのぼの。
ナイツのお二人の漫才に大笑いで始まり
松村邦弘さん清水ミチコさん春風亭昇太さんと
アクの強いネタに笑いが止まらず
松本明子さんの熱唱も
高田先生の眼力が強すぎるPVのせいで爆笑の渦。
最後の全員揃ってトークのコーナーでは
江頭2:50さんの話題や
「初めて会う方であっても打ち合わせ終了時には
肩組んで出てくる」ニッポン放送の加茂さんネタで
また大笑い。
なんだか幸せな空気に満ち満ちたひとときでした。
冗談じゃなく50周年が楽しみです!
| - | 23:16 | - | - |
NIKKOデザイン&フォトコンペティション最終審査
NIKKOデザイン&フォトコンペティションでは
国内だけではなく海外からも
沢山のご応募をいただきありがとうございました!
とてもうれしく思っております!

1月25日に日本興業の川村さんから作品を渡され
その美しさに感動!
さてさて、このなかから選出するのは大変!
週末にかけてじっくり審査させていただきました。
| - | 11:36 | - | - |
長谷工こども絵画コンテスト審査会
1月23日
HASEKO未来の住まいのアイディア子ども絵画コンテストの
審査会がありました。
テーマは「みんなが集まって住む、未来のマンション」

子供たちの作品は色彩豊かで、自由なアイディアに満ちていて楽しい!
それでいて平和への思いや、地球環境、地域の文化を大切に思う気持ち、
高齢者へのやさしさも垣間見え、
「この国の未来は大丈夫!」という気持ちにさせてもらえました。
元チャンピオンの内藤大助さん、長谷工コーポレーションの熊野さん、江口さん、
多摩市役所の宮崎さん、多摩市教育委員会の須田さんなど、皆それぞれが
ひとりひとりのお子様の作品に心を合わせ丁寧に選んでいく・・・

これからもずっと「家(住まい)」は
ホッと安らげる場所、楽しめる場所、
そして!
帰りたくなる場所でありつづけるのだと、あらためて感じました。
★受賞作品は3月中旬に長谷工HP、読売新聞などで発表され
「長谷工マンションミュージアム」で公開展示されます!
| - | 11:03 | - | - |
フィリップス・コレクション展を観に三菱一号館美術館へ!
1月29日
三菱一号館美術館へ

去年からずっと見たかった
フィリップス・コレクション展が開催されているのです。

開館時間に合わせて来たのに、
エレベーターホールにはすでに行列が!
あ〜やっぱり。と思いましたが
思いのほかスイスイと進み
それほど待たずに入館できました。
初めの部屋に展示されている
モネの「ヴェトイユへの道」
ひきこまれる。
その乾いた土のにおい。光のあたたかさが伝わってくる。
画集や図録で知った気になっている印象派の作品だけど
実物にはこんな輝きがあったのか!
こんなに色が歌っているのか!と…!
ゴッホもスーラもドガも…。

※ここは館内にしつらえられた撮影のための空間です※
そしてボナールの親密な空間を
こんなに近くで感じることの幸せ。

思わず図録も購入してしまいました!
会期は2月11日までです。
まだご覧になってない方は
なんとしてでもいらっしゃることをお勧めします!



| - | 22:03 | - | - |
「メリーポピンズリターンズ」を観に!
1月24日
「メリーポピンズリターンズ」を観に
虎ノ門にあるディズニーの試写室へ。

1964年に公開されたジュディ・アンドリュースのメリーポピンズが
55年の時を経て現代に!
ピンチに陥った家族のもとに魔法使いメリーポピンズが舞い降りてきます。
今回演じているのはエミリー・ブラント。
ちょっと「上から目線」で凛々しい佇まいが素敵!
クラシックなアニメーションと実写の混ざり合った
ファンタジー・シーンはなんだか懐かしいテイスト。
「The Place Where Lost Things Go」は、私の絵のテーマとも
通づるところがあり、心に響きました!
ディズニーの映画はいつも
勇気と感動を届けてくれます!



| - | 21:42 | - | - |
<< | 2/46PAGES | >>