CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
山形県東根市でながさわたかひろさんに遭遇
1月13日

東根市民立大学「タントまなべを受け学園」の講演で山形県東根市へ

山形新幹線の福島を超えたあたりから一面の雪景色!
講演会場のさくらんぼタントクルセンター大ホールヘは
沢山の方が集まってくださり
「しあわせな時間」という演題でお話しさせていただきました。
担当の方が「今近くでこんな展覧会をやってるんですがよろしかったら…」
と、差し出されたのはアノながさわたかひろさんのフライヤー

えーっ、なんて洒落た企画!それに
ご著書〈プロ野球画報2015東京ヤクルトスワローズ全試合〉が
テレビで取りあげられているのを見た後に
アノ高田文夫先生の楽屋で偶然お会いしたこともあり、「是非!」
と会場に伺うと、なんとご本人が取材を受けていらっしゃる真っ最中。

キュレーターの宮本武典さん、ながさわたかひろさんとパチリ。
なんだかみんなムサビ出身で思わず和んでしまいました。
ながさわさんは東根の出身らしく、毎日会場のまなびあテラスまで
歩いて通い、会場に置かれたデスクで『滞在制作』をしているそう。
今日の【オレ新聞】には私のことも描いてくださると
おっしゃっていただきうれしい!
「若めにネ」と注文を付けさせていただきました。フフフ。
| - | 22:32 | - | - |
BSジャパン「豪華寝台列車瑞風で行く絶景巡り極上の旅」再放送は1月2日(火)夜10時!
author : hiroshiyoshid

BSジャパン「豪華寝台列車瑞風で行く絶景巡り極上の旅」再放送は1月2日(火)夜10時です!


10月、BSジャパンの仕事で
憧れの豪華寝台列車「瑞風(みずかぜ)」の旅を楽しみました!
ご一緒させていただいたのは
演出家の宮本亜門さん。とても素敵な方でした。

「瑞風」は列車そのものが芸術品。
デザインコンセプトはノスタルジックモダン。

内装はアールデコ調で、隅々まで沿線の伝統工芸家の匠の技が光ります。
コンパートメントは居心地がよく
シャワー室のアメニティグッズはなんとエルメス!
「今夜はここでレールの音を聞きながら眠るのね〜」と思うと
なんだかうれしくなります。日本で寝台列車に乗るのは小学生の頃以来!

「瑞風」は京都発。今回私たちが体験したのは山陽、山陰を巡る周遊コース。
一日目は岡山後楽園で広々と風わたるお庭を鑑賞。

冬支度の「こも巻き」が施された松の佇まいも美しい。

列車に戻って豪華な食堂車でのディナー。


HAJIMEのお料理はまさしくアート!
バーラウンジではヴァイオリン演奏も提供され
夢のように楽しい時間が刻まれていきました。

翌日列車は山陽から山陰へ。
宍道湖を眺め神楽の宿で「出雲神楽」鑑賞。
食の杜「室山農園」おいしく洗練された郷土料理を楽しむ。
昨晩ディナーの時にいただいて美味しかった
奥出雲ワインのワイナリーも訪ね、さっそく2本購入!
松江では明々庵でお茶をたてていただき、心安らぐひととき。
列車に戻って今夜のディナーは京都「菊乃井」監修の日本料理。

なんと列車の中なのにお鍋!途中米子では僧兵の太鼓を拝見。
本当に退屈する暇が全くない充実した旅なのです!

そして最終日は鳥取砂丘へ!

初めての砂丘に大興奮!

風に吹かれながら思わずスケッチ!

砂丘にある美術館はなんとムサビの一級上の学油の先輩茶圓勝彦さんがプロデュースしていました。
砂の彫刻家として世界的にご活躍なのです!みんな頑張っている!
私も頑張ろう!と、なんだかパワーが充電されるのでした。

それにしてもこの東浜、浦富海岸は北フランスに匹敵する美しさ!
ホテルがあればここで数日過ごしたいくらい。

豪華寝台列車「瑞風」での優雅な旅。

亜門さんもロケスタッフの皆さんも楽しく優しく、思い出深い時間となりました。
列車のクルーの皆様の温かい笑顔とおもてなしの数々!

また是非乗りたい!!と思います!
BSジャパン「豪華寝台列車瑞風で行く絶景巡り極上の旅」
再放送は1月2日(火)夜10時
是非ご覧ください!
| - | 19:36 | - | - |
ドコモ未来ミュージアム表彰式
12月9日
今年もドコモ未来ミュージアムの審査員をつとめさせていただきました。

全国から寄せられた子供たちの描く未来のくらしを眺めていると、幸せな気持ちに!
子どもたちの目線は案外鋭く、無くならない戦争や、自然破壊、心の問題などを
デリケートに感じとっています。
それを、優しい気持ちやユーモアあふれる方法で克服しようとしている作品もみられ
とても頼もしく感じました。

審査員の先生方、スタッフの皆さんと記念撮影。

今日はキラキラといい天気!
東京の街はイチョウが色づいてきれい。
車で走れば、木の葉がクルクルと舞い踊って楽しい気分です。
12月10日
今日はBSジャパンで「寝台特急瑞風の旅」のオンエア。
本当に優雅で楽しい旅でした。
また行きたいなあ。
皆さんの温かい笑顔を思い出を旅日記の汽據璽犬法ΑΑ
| - | 11:09 | - | - |
BSジャパン「寝台特急『瑞風』の旅」12月10日放送!
10月18日〜20日
BSジャパンの仕事で
憧れの豪華寝台列車「瑞風(みずかぜ)」の旅を楽しみました!
ご一緒させていただいたのは
演出家の宮本亜門さん。とても素敵な方でした。

「瑞風」は列車そのものが芸術品。
デザインコンセプトはノスタルジックモダン。

内装はアールデコ調で、隅々まで沿線の伝統工芸家の匠の技が光ります。

シャワー室も付いたコンパートメントは居心地がよく
「今夜はここでレールの音を聞きながら眠るのね〜」と思うと
なんだかうれしくなります。日本で寝台列車に乗るのは小学生の頃以来!

「瑞風」は京都発。今回私たちが体験したのは山陽、山陰を巡る周遊コース。
一日目は岡山後楽園で広々と風わたるお庭を鑑賞。

冬支度の「こも巻き」が施された松の佇まいも美しい。

列車に戻って豪華な食堂車でのディナー。


HAJIMEのお料理はまさしくアート!
バーラウンジではヴァイオリン演奏も提供され
夢のように楽しい時間が刻まれていきました。

翌日列車は山陽から山陰へ。
宍道湖を眺め神楽の宿で「出雲神楽」鑑賞。
食の杜「室山農園」おいしく洗練された郷土料理を楽しむ。
昨晩ディナーの時にいただいて美味しかった
奥出雲ワインのワイナリーも訪ね、さっそく2本購入!
松江では明々庵でお茶をたてていただき、心安らぐひととき。
列車に戻って今夜のディナーは京都「菊乃井」監修の日本料理。

なんと列車の中なのにお鍋!途中米子では僧兵の太鼓を拝見。
本当に退屈する暇が全くない充実した旅なのです!

そして最終日は鳥取砂丘へ!

初めての砂丘に大興奮!

風に吹かれながら思わずスケッチ!

砂丘にある美術館はなんとムサビの一級上の学油の先輩茶圓勝彦さんがプロデュースしていました。
砂の彫刻家として世界的にご活躍なのです!みんな頑張っている!
私も頑張ろう!と、なんだかパワーが充電されるのでした。

それにしてもこの東浜、浦富海岸は北フランスに匹敵する美しさ!
ホテルがあればここで数日過ごしたいくらい。

豪華寝台列車「瑞風」での優雅な旅。

亜門さんもロケスタッフの皆さんも楽しく優しく、思い出深い時間となりました。
列車のクルーの皆様の温かい笑顔とおもてなしの数々!また是非乗りたい!!と思います!
すみません!放送日を間違えてお知らせしてしまいました!正しくは
放送はBSジャパンで12月10日(日)19時〜20時54分
是非ご覧ください!
旅の思い出スケッチはオンエア後にアップします!
| - | 10:11 | - | - |
パリ♥グラフィック ロートレックとアートになった版画ポスター展
11月14日
三菱一号館美術館で開催中の
[パリ♥グラフィック
ロートレックとアートになった版画・ポスター展]を観に行く。

三菱一号館美術館と
アムステルダムのファン・ゴッホ美術館のコレクションが
一堂に揃い見ごたえのある展覧会でした!
あらためて
 ロートレックの作品の構図の面白さ!色合いの妙!
工夫された技法の数々・・・にうっとり。
 恥ずかしながら
ボナールの版画作品にじかに触れたのははじめて!
慈しむようなまなざしで
こんなに魅力あふれる作品をつくっていたとは。
 ヴァロットンの「可愛い天使たち」、可愛すぎ!
世紀末パリの躍動感が垣間見えドキドキ♥

そして窓の外のブリックスクエアガーデンは
少し色づき始め秋の装い。癒されます。
 
| - | 22:20 | - | - |
学研城戸真亜子のアートスクール写生会
10月21日
今日は年に一度の学研アートスクールの写生会!
雨の中お集まりくださった子どもたちとそのご父兄の皆様、
ありがとうございます!
当アートスクールでは実際に体験したことを表現する、
ということを大切に考えています。
今年は少し趣向を変えて、屋内で「楽器を演奏する人たち」を
描く会となりました。
賢明学院のご協力を得て、学院のスペースをお借りして
開催された今年の写生会。
賢明学院中高等学校のハンドベル部の
部員の皆さんが公開練習、演奏をしてくださり、
子どもたちはその様子を、
美しいハンドベルの音色の中で描くことができました。

子どもたちの作品は個性豊か!
同じような絵を描く子供がいないのが特徴です。
学研アートスクールでは
担当の先生方がひとりひとりの感性に寄り添い、
創造の芽を伸ばすお手伝いをさせていただいているのです。

ハンドベル部の顧問の先生の指導の下、子どもたちは
めずらしいハンドベルを実際に手に持たせていただき、
音を鳴らす経験をすることができました!
子どもたちの目はキラキラ、ほっぺが紅潮してうれしそう!

みんな体験なくしては描けない素敵な作品を描くことができました。
賢明学院の
教頭補佐安達貞夫先生、事務長の本田博様、学院広報室の大澤英樹様
ハンドベル部顧問の先生、部員の皆様に心より御礼申し上げます!
そしていつも子供たちに
おいしいお菓子をプレゼントしてくださるグリコさん、
現場で指導してくださっているアートスクールの先生方
イベントの際、いつも快く駆けつけてくださる
学研エデュケーショナルのスタッフの皆様、
神田様にも心より感謝申し上げます!
尚、お弁当の連絡に関するご連絡ミスがありましたことには
心よりお詫び申し上げます。
お弁当の時間は何より楽しく大切なひとときだと考えておりますのに!
本当に申し訳ありませんでした。
| - | 21:14 | - | - |
この夏はスケッチの旅を・・・
7月の終わりから8月にかけては軽井沢でスケッチ。

朝カフェ・イーナの美味しいコーヒーを持って雲場池にGO!

のんびり一日を過ごす。

今年は少し足を延ばしてヴィラデストガーデンファームアンドワイナリーにも行ってみた!

美しすぎる景観にうっとり。
玉村豊男さんと奥様の妙恵子さんともお話ができてとても楽しいひと時。

9月に入って那須へもスケッチに。

野生の森もいいけれど、
自然と人の棲家の中間にある「庭」という空間に惹かれる。

| - | 23:25 | - | - |
アーツ千代田3331へ「美の探求」を観に
8月25日
2017東京現代アートによる国際交流展
「美の探求」を観に行く。

ムサビの友人だったアーティストの森田和昌さんが
立ち上げから奔走された本展。

それぞれの作家がどのような気持ちで作品に向き合っているか、
ということが、垣間見えてとても興味深い。


展示は29日まで(10:00〜19:00)
アーツ千代田3331

この日は神宮でヤクルト戦観戦!
うーん、9回裏あと2点まで追いすがったのだけ
ど6−8で敗れる。残念。

でも氷川きよしさんの東京音頭と花火も楽しめて夏の終わりを満喫しました!
| - | 10:45 | - | - |
| 1/39PAGES | >>