CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
<< パリ♥グラフィック ロートレックとアートになった版画ポスター展 | main | ドコモ未来ミュージアム表彰式 >>
BSジャパン「寝台特急『瑞風』の旅」12月10日放送!
10月18日〜20日
BSジャパンの仕事で
憧れの豪華寝台列車「瑞風(みずかぜ)」の旅を楽しみました!
ご一緒させていただいたのは
演出家の宮本亜門さん。とても素敵な方でした。

「瑞風」は列車そのものが芸術品。
デザインコンセプトはノスタルジックモダン。

内装はアールデコ調で、隅々まで沿線の伝統工芸家の匠の技が光ります。

シャワー室も付いたコンパートメントは居心地がよく
「今夜はここでレールの音を聞きながら眠るのね〜」と思うと
なんだかうれしくなります。日本で寝台列車に乗るのは小学生の頃以来!

「瑞風」は京都発。今回私たちが体験したのは山陽、山陰を巡る周遊コース。
一日目は岡山後楽園で広々と風わたるお庭を鑑賞。

冬支度の「こも巻き」が施された松の佇まいも美しい。

列車に戻って豪華な食堂車でのディナー。


HAJIMEのお料理はまさしくアート!
バーラウンジではヴァイオリン演奏も提供され
夢のように楽しい時間が刻まれていきました。

翌日列車は山陽から山陰へ。
宍道湖を眺め神楽の宿で「出雲神楽」鑑賞。
食の杜「室山農園」おいしく洗練された郷土料理を楽しむ。
昨晩ディナーの時にいただいて美味しかった
奥出雲ワインのワイナリーも訪ね、さっそく2本購入!
松江では明々庵でお茶をたてていただき、心安らぐひととき。
列車に戻って今夜のディナーは京都「菊乃井」監修の日本料理。

なんと列車の中なのにお鍋!途中米子では僧兵の太鼓を拝見。
本当に退屈する暇が全くない充実した旅なのです!

そして最終日は鳥取砂丘へ!

初めての砂丘に大興奮!

風に吹かれながら思わずスケッチ!

砂丘にある美術館はなんとムサビの一級上の学油の先輩茶圓勝彦さんがプロデュースしていました。
砂の彫刻家として世界的にご活躍なのです!みんな頑張っている!
私も頑張ろう!と、なんだかパワーが充電されるのでした。

それにしてもこの東浜、浦富海岸は北フランスに匹敵する美しさ!
ホテルがあればここで数日過ごしたいくらい。

豪華寝台列車「瑞風」での優雅な旅。

亜門さんもロケスタッフの皆さんも楽しく優しく、思い出深い時間となりました。
列車のクルーの皆様の温かい笑顔とおもてなしの数々!また是非乗りたい!!と思います!
すみません!放送日を間違えてお知らせしてしまいました!正しくは
放送はBSジャパンで12月10日(日)19時〜20時54分
是非ご覧ください!
旅の思い出スケッチはオンエア後にアップします!
| - | 10:11 | - | - |