CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
<< 城戸真亜子展そして「ラジオビバリー昼ズ」 | main | 今日3時、城戸真亜子展「めにうつるものもの」終了 >>
美術館巡りの日
3月30日

個展も始まり、制作も一段落、ということで
美術館巡り。

まずは上野の森美術館のVOCA展へ

幸田千依さんの「二つの眼を主語にして」という作品と制作の目線が
自分のそれと近いことにちょっと驚く。
これからも注目していきたい作家だ。

三菱一号館美術館で開催中の
「オルセーのナビ派展」へ

(三菱一号館美術館のHPは http://mimt.jp)
日常と神秘を併せ持つナビ派の芸術は20世紀美術を予兆する静かな革新性に満ちていました!
ポール セリュジェの「タリズマン」は特に心惹かれる作品。
いつまでも眺めていたい…

美術館の窓からの眺め。春まだ浅い中庭はささやきに満ちた空間。

ミュージアムショップで今回展示されている作品からイメージしたという
刺繡のチョーカーを購入!

素敵でしょ!

続いて新美術館へ「草間彌生 わが永遠の魂」を観に行く。
カラフルな水玉のシールを渡され、
思い思いに白い空間に貼っていく、参加型の作品もある。
色に埋もれている子どもが作品の一部のよう。

入り口付近にある草間彌生さんの言葉がすごい。
制作は戦いであり、私はこれからも戦い続けていく、というような。
そう。そうだ。
なんだか強烈な喝を入れられたようなこころもち・・・

圧巻!
初期の作品から最近の作品まで
その全てが
全身全霊をかたむけて創られたものだということが
ひしひしと感じられる。

カボチャもね。

充実の一日だった。
| - | 23:27 | - | - |