CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
「大地の芸術祭」清津峡のマ・ヤンソン「ライトケープ」を観に!
9月3日
新潟の十日町と、津南町で開催されている、
「大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ」の
話題作を観に清津峡へ!

棚田を抜け、山深い道を延々走っていくと
突然の渋滞。
そう、沢山の人が
マ・ヤンソン率いる
建築家集団MADアーキテクツの作品を観に
集まってきているのだ。
しばし待ち、ようやく駐車場に車を停め

そこから徒歩で15分ほど、
細く暗い坑道をひたすら歩くと・・・

息をのむ美しい光景!
床に水盤、壁面にはステンレス板を張ったことで
その絶景はより強烈に心に迫るものとなっている。
そこを訪れた人々もすんなりと作品の一部に。
素晴らしい!!!
| - | 23:52 | - | - |
9月6日オープニングのTGG/東京グローバルゲイトウェイを見学!
8月31日
江東区青海に9月6日にオープンする
体験型英語学習施設TGG=TOKYO GLOBAL GATEWAYを見学しました!
(ゆりかもめテレコムセンター駅から徒歩2分)

空港をイメージしたエントランスホール。
このゲートをくぐった瞬間から
英語コミュニケーションの世界に旅立てます。
6人〜8人のグループに1人の
イングリッシュスピーカー「エージェント」が付き
日常生活シーンに関するアクティビティを体験します。
館内は海外にいるかのようなリアルな空間が作りこまれていました!

病院やファーマシー

ファストフードショップやレストラン

空港や飛行機の機内(ANAが協力)、
ホテル、旅行代理店や海外の大学生協などなど
そこにいるだけでワクワク。
こんな空間なら沢山英語を話したくなってしまいます!

エリアに応じてこのようなミッションカードも用意されており
リアルな空間の中で
英語コミュニケーションにチャレンジすることができるのです!
ここでは英語力を試されるのではなく、
〈英語を使って〉会話だけでなく
アートやダンス、料理や科学を
楽しむことができるのが最大の特徴だと感じました!
ここで体験したらきっと英語が好きになる、
国際社会で活動したい!と、思うのでは・・・!?

イングリッシュスピーカーのサポートのもとで
日本に居ながら留学体験ができたり、
逆に茶道の茶室などもあり、、
日本のカルチャーを国際社会に向け英語で
発信することを目的としたスペースもあるのです。
また
英語だけをを使って英語のニュース番組を制作、
キャスターを体験したりもできます。
英語だけを使ってプログラミングを体験したり、
いろいろな国のイングリッシュスピーカーの皆さんと
本物のパーティをするようなプログラムもあるのだそうです!
楽しそう!
まずは小学生から高校生までの子ども達を
ターゲットに開設されますが、
将来的には、大人の利用も想定しているそうで、
そうなったら、ぜひぜひ私も体験したい!
できればガッツリ数日間滞在して
英語漬け…プチ留学出来たらいいのになあ、
と、思いました。

TGGは東京都がグローバルに活躍する人財教育をしたい
ということで財政支援。
(株)学研HD(株)市進HD(株)エデュレエルシーエー
(一財)英語協議会(株)博報堂が事業運営しています。
今回は(株)学研HDの社外役員としての見学体験でした。
| - | 22:53 | - | - |
学研アートスクールの子どもたちの作品後期展示開催中!
8月15日〜31日
学研城戸真亜子のアートスクール
後期展示が始まっています!
場所は
西五反田の学研本社ビル1階ロビーです。。
今年の展示のテーマは、「子どもたちの夢を載せた未来ロケット」です!


思い思いに描かれた未来の夢。
未来を作ってゆく
子供たちの夢は
そのまま私たちの地球の未来図でもあります。
そう思って見るとドキドキわくわく!
大人の想像力も刺激されます。
沢山の方にご覧いただければうれしく存じます!
| - | 20:40 | - | - |
学研本社ビルロビーでアートスクールの子ども達の作品を展示しています!
8月 1日〜14日前期展示
8月15日〜31日後期展示
学研城戸真亜子のアートスクールの子ども達の作品を
西五反田の学研本社ビル1階ロビーにて展示しています。
今年の展示のテーマは、「子どもたちの夢を載せた未来ロケット」です!

丸い窓の中にはそれぞれの子どもの思い描く未来の夢

教室ごとにつなげて沢山のロケットがズラリ。

ロケットのデザインもカラフル。猫型などオリジナリティにあふれています。
15日には展示替えをし、
16日からはまた別の子どもたちの作品を展示します。
思い思いの表現で描かれた子どもたちの夢、
沢山の方にご覧いただければうれしいです!

展示にご協力くださった学研エデュケーショナルの皆様、
そして広報、総務の皆様、ありがとうございました!
| - | 21:50 | - | - |
チームラボボーダレスヘ!
8月2日
チームラボボーダレスを体感しにお台場へ!
会場に入ると、めくるめく花吹雪。様々な色の花が咲き揺らめき移動していく・・・

それはまさにBorderless.
作品はついに変化し融合し、人の存在によって形を変えていく。

自分で描いた作品も

その場で投影されチームラボの作品の一部となって動き出す。
アートスクールの子ども達に是非体験してほしいと感じる。

チームラボの作品はデジタルテクノロジーによって
キャンバスや絵具と言った物質から解放され、
自由で「変容」可能な存在となっている。
鑑賞者は作品に容易に参加することができて楽しい!
まさに「遊園地のようにアートを楽しむ」ことができる。
自分の「水」や「木漏れ日」の作品もこんなふうに
動かし変化させたら、どんな感動が生み出せるだろう!
やってみたいなあ。

チームラボのようなアートは
これからの時代を席捲するのだろう、
と思っていたが、何度か体験してみて、やはり、これは
表現の一つのバリエーションなのだ、とはっきり思った。

絵画のように「固定」され、不自由な作品も
決して存在価値が失われるものではない、と。
立ち止まり、視覚によって味わい,思索をたゆたわせる、
そういう楽しみ方ができるのはやはり
「絵画」ならでは なのではないかと。。

| - | 21:00 | - | - |
松坂屋名古屋店にて城戸真亜子展開催
8月1日(水)〜6日(月)
松坂屋名古屋店本館7階にて
城戸真亜子展〜やわらかなひかりのなかで〜
が開催されます!


油彩画やジグレー版画の新作を含め中、小品を中心に展示。
沢山の方にご覧いただければうれしく存じます。
| - | 22:43 | - | - |
千住の花火
7月21日
今日は千住の花火。

夜空染める花火 父母と眺めた夏を思い出す。
| - | 21:27 | - | - |
唐組代61回公演「吸血姫」へ!
6月9日
唐組の公演を観に新宿花園神社へ

暮れ始めた神社の境内に紅テント。唐組の旗が立つ。
都会を切り裂く異空間にワクワク。

それは子宮を象った空間なのだという。

時が満ち〈胎内〉へ。
冒頭テントの奥が開き
いっきに幻想の世界へ引きずり込まれる。
一つ一つのシーンが美しい絵になっており心を奪われる。
銀粉蝶さんの圧倒的な存在感。
藤井由起さんのなんだか怖いかわいらしさ。
大鶴美仁音さんの凛々しく気高い美しさ。
大鶴佐助さんの軽妙な身のこなしと、セリフの重量は圧倒的。
美仁音さん佐助さんとは
幼い子供の時分から鬼子母神での豆まきで
ご一緒していた。
そのときの物静かで礼儀正しい佇まいからは
想像もできない舞台上での激しさと強さ!
この2人が内包している才能の測り知れなさに
胸が震える。
唐十郎さんと奥様の美和子さんも客席に。
終了後は唐十郎さんへのリスペクトで
〈胎内〉が温かいもので満たされ・・・
いつものように唐組の舞台を見た後は
現実の世界がすこしスライドした
別世界に感じられるのでした。

| - | 06:13 | - | - |
| 1/41PAGES | >>