金田実生「日毎の文」へ
2月9日
東日本橋のギャラリーハシモトへ
金田実生さんの個展を訪ねる。

「日毎の文」
目に映るさまざまな現象を、日毎に届く便り、
というふうに捉えた考察に共感を覚える。
帰り道、雪が舞い始めた。
| - | 10:34 | - | - |
原爆記念公園へ
2月1日
広島での仕事のあと
平和記念公園へ。

原爆ドーム。
悲しみに満ちた空間。
広島平和記念資料館、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館をめぐる。
一瞬で、この広い面積を壊し、こんなにも多くの人々の命を奪い、
終わらない悲しみをもたらした過ちに
言葉を失う。
焼け焦げた学生の制服の小ささに、胸が痛む。
この凄惨、この悲しみの上に今があるのだということを
心に刻まなくてはいけないと、改めて感じる。
| - | 10:08 | - | - |
新年はゴールドコーストで
1月1日
ゴールドコーストで迎える新年の朝。


鳥たちの鳴き声の中でゆったりとした時間が流れます。
2017年がどうか良き年となりますように!
| - | 16:23 | - | - |
31日は「くりぃむVS林修 年越しクイズサバイバー」
12月16日
テレビ朝日にて「年越しクイズサバイバー」の収録。
ユキトリイインターナショナルのファーのついたブルーの衣装で出演。
本村健太郎さんや伊沢拓司さんといった
東大出身の方々の間でただただスゴイな〜と感心しながらの参加。
たまにわかっても反射神経の鈍さで答えられずヒェー悔しい。
でも、とても楽しい時間でした!
放送は大晦日の夕方6時から。
どうぞご覧ください!
| - | 13:06 | - | - |
今年の『志の輔らくご』はEXシアターで
12月19日
前回まで渋谷のパルコ劇場で行われていた
『志の輔らくご』
改築のため今年はどうなるのかなあ…と思っていましたが
六本木のEXシアターで開催され、行ってまいりました。
演目は「ディアファミリー」と、映画にもなった「歓喜の歌」
まくらでは
EXシアターについてのお話と
故田中角栄氏とのエピソードが披露されグイッと引き込まれ、
続く演目でも捧腹絶倒。
どちらも以前拝見しているのですが、またしても笑いと涙。
幸せな時間をありがとうございました!
| - | 12:57 | - | - |
ギャラリー現・井上修策展ヘ
12月21日
京橋のギャラリー現で開催中の井上修策展を訪ねる。


今回の作品は酸化し錆びた鉄が素材。
全てのものは時間の中で変容していく・・・
生々しい変容の現場。
今この瞬間もそれは変化し続けている。
私はその目撃者になった。
| - | 20:15 | - | - |
ニッポン放送土屋礼央レオなるどに出演
12月20日
ニッポン放送の『土屋礼央レオなるど』にお招きいただき
土屋礼央さん増山さやかさんと介護をテーマにトーク。


土屋礼央さんのお父様は日本画家でムサビ。奥様もムサビ。増山さんもムサビの基礎デ、
なんだか同窓会のようになごやかななかでお話が出来て楽しいひと時でした!
『記憶をつなぐラブレター』朝日出版刊、来年の横浜での講演の告知もしてくださり、
本当にありがとうございました!
高齢社会に突入し、どう介護と向き合うか、は社会問題でもあります。
でも、介護は大変なだけではなく、ほんわか丁寧に生きる時間を与えてくれます。、
人間というこの滑稽で愛すべき生き物について、深く考える時間でもあり、
味わい深いものです。自分が介護をしなくてはならなくなったなら、
得難い機会ととらえ、決して損したなどと思わず前向きに楽しみたいものです。

| - | 20:00 | - | - |
ラジオNIKKEI医療ジャーナル
12月8日
仕事を始めた大学生の頃
「ラジオたんぱ」の〈合格一本道!〉
という番組で長くパーソナリティを
つとめさせていただいていた私。
そのご縁でこの局の事業であった
カルチャー教室で絵画教室の講師もさせていただいていました。 
「ラジオたんぱ」は現在の「ラジオNIKKEI」です。 
今回【医療ジャーナル】という番組にお招きいただき
介護のお話をさせていただきました。
当時新入社員だった本多さんはバリバリのベテラン社員さんになっており
一人でいくつもの番組を抱えて大忙しのご様子。

これは先日放送された「Heart & Life 〜 ありがとうを言わせて」の収録風景です
でも、当時と変わらぬ優しくお嬢様らしい落ち着きで迎えてくださいました。
今回出版した「記憶をつなぐラブレター」朝日出版刊の話も
させてくださり心より感謝です!

【医療ジャーナル】は本日夜9時15分〜30分の放送となります!
| - | 11:00 | - | - |
| 1/35PAGES | >>