CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
学研城戸真亜子亜アートスクール展覧会開催!
7月18日(土)19日(日)
学研城戸真亜子アートスクールの展覧会が開催されます!

本当は春に開催する予定だったのですが
今回の新型コロナによる影響で
開催が延期となっていました。
それが
ようやく開催できることになりました!
子どもたちの自由な発想と色彩の妙を
ご堪能いただければと思います。

場所:高槻現代芸術劇場 文化ホール2F展示室
所在:高槻市能見町2-33
阪急高槻駅より徒歩5分
会期:7月18日19日
※恐れ入りますが会場においでの際は
マスクの着用をおねがいいたします!
また、会場でのソーシャルディスタンスにも
ご協力をよろしくお願いいたします。
| - | 07:41 | - | - |
学研城戸真亜子アートスクールのコンテスト!
学研城戸真亜子アートスクールも
新型コロナ対策で
春先から6月まで
教室をクローズせざるをえませんでした。
自粛期間
アートの好きな子どもたちのために
何かできることはないかと
コンクールを実施!
テーマは「冒険に持っていくランプを作ろう!」
粘土とペットボトル、LEDライトを基本の材料に
ランプを作り
どんな冒険に持っていくどんな機能のあるランプなのかの
コンセプトも併せて募集しました。
募集期間は短かったのですが
オリジナリティあふれるデザインのランプが集まりました!

それぞれの冒険物語も面白く、
芸術と文学、両方の表現力の豊かさを感じました。
>
詳しくはこちらのHPをご覧ください!
https://www.889100.com/artschool/gallery/index.html
| - | 20:03 | - | - |
「NIKKO Design & Photo Competition 2019」作品集がご覧いただけます!
「NIKKO Design & Photo Competition 2019」 の作品が
作品集になりました!
(過去の入賞作品もご覧いただけます)
私はその審査委員長を務めさせていただいたのですが
世界はこんなにも美しかったのか!と驚かされました。
応募してくださった方達がとらえる
あたりまえの日常に潜んでいる一瞬のきらめき!
多くの方にご覧いただければ幸いです!
★作品集は日興HPに掲載されています★
http://www.nihon-kogyo.co.jp/e-book/nikko_design_and_photo_competition_2019/HTML5/pc.html#/page/1

日本興業株式会社はコンクリート二次製品メーカーで
景観・エクステリア・土木の3分野に展開。
製品としてバリアフリーや保水・透水タイプの舗装材
ボックスカルパート、暗渠製品や道路用製品、
ガーデニング製品などを製造販売しています。
こうして作品を通して拝見すると
見過ごしてしまっている
工事現場やデザインされ舗装された景観の美しさも
あらためて発見できます!
| - | 09:23 | - | - |
ガラスのアクセサリー雑誌に掲載!
HARIOランプワークファクトリー株式会社で作らせていただいている
ガラスのアクセサリーが雑誌「素敵なあの人」8月号に掲載されました!

この3番のところをご覧ください。

SHIZUKU(しずく)というネーミングでデザインしたネックレスです。
この他に
SHIZUKUDAMA(しずく玉)やKONOHA(このは)やAMAOT(あまおと)など
自然のたゆたう情景をガラスで表現したシリーズを展開しています。
それぞれイヤリングもあります。
日本橋のショップやオンラインショップでも
ご購入いただけますのでご覧になってみてください!
★HARIO Cafe & Lampwork Factory
東京都日本橋室町1−12−15
03-3516-0525
★HARIOランプワークファクトリー小伝馬町店
東京都日本橋大伝馬町2-10
03-5623-2143
★オンラインショップ
https://www.hario-lwf.com/search/HAKD
https://www.hario-lwf.com/
| - | 21:24 | - | - |
読売新聞「もったいない語辞典」5月15日掲載
5月15日、読売新聞の夕刊「もったいない語辞典」に
文章が掲載されました!

〈今はまだ使われているけれど、
なくなってしまうのはもったいない言葉〉というテーマで
懐かしいエピソードを盛り込んで執筆。
私は[天花粉]=ベビーパウダー、シッカロール
という言葉をとりあげ
母との夏の日の思い出を書きました。

沢山の方に
読んでいただければうれしいです。
| - | 20:40 | - | - |
アトリエで
5月
収束のめどのたたない新型ウィルス。
こんなことになるなんて。


昼も夜もなくアトリエでキャンバスに向かう日々。

そこにある変わらぬものをただ綴っていく。
| - | 08:56 | - | - |
外出自粛要請の出ている週末
4月4日
新型コロナウィルスの猛威が
日に日に実感される日々。
室内での時間を
ゆっくり丁寧に味わっています。

朝のひかり
| - | 09:01 | - | - |
VOCA展2020・人もまばらな上野
3月27日
新型コロナウィルス対策で週末の外出自粛に応じて
会期を早めて本日までとなった
〈VOCA展2020〉を観に,
マスクと手袋をして上野の森美術館へ。

自然と人工,自己と他者の領域の曖昧さを問いかける作品が
印象的。これは人間のアイデンティティに対する警告でもあるかも。
もう一つは、イメージをどう物質化してみせるのかということ。
手で紙などの支持体に描く人が少なくなった今、
モニター上でソフトウェアを使って描画する行為と
デジタル写真の加工作業との境界も消失しかかっている。
写真ももはや画材のひとつなのかもしれなく、
写真をあえて筆触をイメージさせる形状の
レリーフにして提示するアプローチは新鮮だった。
| - | 10:05 | - | - |
| 1/50PAGES | >>